忍者ブログ
[154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年は本業に精を出すため関東セミ会には参加しませんでした。
我慢ガマン

自宅で、仲間とセミ会をしたい方はコチラを御覧ください。

さて。
セミ会のメインはなんといっても幼虫。
日没の前後にノソノソと木を登ってくるので簡単に捕獲できます。
アブラゼミ、ミンミンゼミの幼虫は肉質でむっちりとしており
外皮も柔らかく初心者でも大変美味しく頂けます。

一方セミの成虫は採るのに苦労するわりに中身がスカスカで、
揚げると味も正直単調ですので、セミ会ではバイプレイヤー。
幼虫の影に隠れてさっと揚げてポリポリ食べられます。

ですが
他の方から写真が欲しいとのことでしたので
いくつか成虫を捕獲し、モッタイナイので
今回は茹でて食べ比べをしました。

ヒグラシ  Tanna japonensis


朝夕に遠くから聞こえてくる物悲しい声が魅力的なセミ。
実際はというと初夏から初秋にかけて鳴き続けるスタミナタイプ。

高所に留まって鳴くことが多いので、静かなイメージですが
実際に捕獲するとバカうるさい。
腹部が透けるほど空洞が大きく、ミンミンゼミより二回りも小さいのに
カ!ナ!カ!ナ!カ!ナ!カ!ナ! 
大きな声で鳴いています。

「会いたくて会いたくて震える」という近年のヒット曲がありましたが、
モチーフはヒグラシなのかもしれません。
味見
木質の強い香りがあり、成虫にしては幼虫に近い味わい。少し苦味がある。
外皮の柔らかさと肉のうまみのバランスは良い。
ヒグラシについては以前にセミヤドリガ味見の時に食べたので、味見は一年ぶりなのですが、
だいたい同じ表現で、舌が衰えていないことを確認しました。


ミンミンゼミ Hyalessa maculaticollis

日本の代表的なセミ。ミンミン鳴くからミンミンゼミ。
ここらへんではちょっと少なめでアブラゼミの方が多い感じです
グリーンの体色と透明の翅が夏らしいですね。
今回は銀杏の木に留まっている所を素手で捕獲。

茹でると固いが、メスは腹部にうまみがあり、食べごたえがある。鳴かない分腹部の味は良い。結局くちにクチクラが残ってしまうので、揚げて食べるのがおすすめ。加熱すると特徴的な緑が消えてクリーム色にっなった。耐熱性のある緑色素は少なく、構造色に緑が多いのものこのへんかもしれないと思った。


ニイニイゼミ Platypleura kaempferi

去年に羽化直後のものとその脱皮殻を食べたのですが
今回は桜の木で元気に飛んでいるものをゲット。

味見
香ばしさが強く、やや苦味がある。タンパクな味でうっすらうまみ。つよいうまみではない。翅とかクチクラが口に残るので揚げがおすすめ。

アブラゼミ Graptopsaltria nigrofuscata


こちらも昨年食べたのですがいい成虫の写真がなかったので再度捕獲
深夜に脱皮後数時間経ったものも捕獲してみました

味見(脱皮後数時間のもの)
木の香りがかなり強い。外皮が固まり始めており、しかも適度な弾力があり調度良い。以前食べた脱皮直後よりもかなり良い。結局口に残らず完食できた。
脱皮直後は濡れティッシュのようで味気ないので、このぐらい弾力がある方が美味しい。
成虫では一番美味しい時期だと思う。


クマゼミ Cryptotympana facialis


大型のセミで主に西日本に分布。
高校時代に図書館の周りにボタボタおちていて
夏休みの補習(クーラー無し)ではシャーシャーと安眠(?)を邪魔する存在でしたが

関東に移動してからはトンとお目にかかれず、こちらは譲っていただいたもの。

味見
固い。とにかく固い。甲虫と考えたほうがよいほど茹でるだけでは埒があかない。
とにかくじっくり揚げるべし。


あとは
ツクツクボウシについてはまだみられず、去年も食べたので、
ここらでまとめとしましょう。

ミンミンゼミメスは旨味が強い。
アブラゼミは脱皮後数時間が結構美味い。

きちんと食べ直してみると何らかの発見があるものですね。





PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
セミはやっぱり幼虫の方が美味しいんですね。

昆虫は気味が悪いということで食べない人は多いですけど、日本人は大昔から食べているので遺伝子的に美味しいと感じるようにプログラミングされているようですね。

これからも様々な虫の味見の更新、楽しみにしています!
イナゴの佃煮好きな者 2013/08/21(Wed)09:05:01 編集
Re:無題
ありがとうございます!
日本人の多くの人が
「いなごぐらいなら」と思えるということは文化的な素養があるということだと思っています
以前韓国の学生さんに「ポンテギ(=カイコ蛹のキムチ煮)以外はムリ」と言われたので
それぞれの文化が食べるものを決めているようです。
世界には古くから昆虫食の文化がありますので、大事にしたいですね。
遺伝子レベルでいいますと「食虫目」から進化してきたので哺乳類すべてが昆虫食の祖先を持ちますね。ヒトの食材としても有望だと思います。
【2013/08/24 08:12】
無題
蝉がおいしいわけないじゃない。
昆虫がおいしいわけないじゃない。
ついさっきまでそう思っていました。
半信半疑で捕まえたアブラゼミを食したところ、おいしい!川海老のような味!
蝉殿、おみそれしました。これはおいしい。
これをきっかけに昆虫食に興味が出ました。今度はコオロギでも食べてみようかな…。
通りすがりの学生 2013/08/25(Sun)17:47:58 編集
Re:無題
食レポートありがとうございます!
そうなんです。拍子抜けするぐらい美味しくて普通の味なんです。
コオロギはこれから子持ちが出てきますし
どんな調理でも美味しくいただける万能選手です。ぜひご賞味下さい!
【2013/08/25 20:56】
夏ソング「せみ」
こんにちは。
ラビオリの夏ソング「せみ」です。よろしかったら、ぜひお聴きください。
にしき URL 2015/08/19(Wed)14:42:19 編集
Mushi_Kurotowa
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[04/07 http://www.japaneh.com]
[04/06 http://45ka.net]
[03/31 Tami Sandoval]
[03/30 nike air max 1 ultra men]
[03/24 コピー ロレックス]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Mushikurotowa 
性別:
男性
趣味:
昆虫料理開発
自己紹介:
人生迷走中 顔はクロトワ似「なぜ昆虫に食欲が湧かないのか」をテーマに研究開始。食べたら美味くて研究頓挫「昆虫を美味しく食べる調理法とは」に変更/食用昆虫科学研究会 Edible insect science meeting 昆虫料理研究会 趣味自転車;鯨食文化研究;法螺貝;トランペット;リコーダー;鯨歯彫刻
http://e-ism.jimdo.com
バーコード
P R
カウンター
コガネモチ
忍者ブログ [PR]

material by: