忍者ブログ
このブログは以下に移動しました。旧記事も見ることができます http://mushi-sommelier.net
[36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26
「クモはチョコレートの味」

ネットでは有名なガセネタです。
その由来は自衛隊のサバイバルハンドブックに
適当に記載されていた記述のようですが、

一番確かな情報は食べて見ること。

「蟲」というくくりからは離れますが代表的な「虫」
として、味わってみようと思います。


クモは節足動物の中では
昆虫よりヤドカリやカニの方に
近い共通祖先を持ちます

翅をもたず、呼吸器系は気管系ではなく
肺書といわれるエラ構造を体内にもちます。
そのため、持ってみると昆虫よりもずっしり重たく感じます。

今回は

ナガコガネグモ  Argiope bruennichi





ジグモ  Atypus karschi


ジグモの卵



を試食しました。

ナガコガネグモ
バッタに近い草の香りがある。主にバッタを食べているせいかもしれない。腹部、胸部ともに弾力のある外皮で肉質の噛みごたえ。カニに近い食感。甘味がつよく美味しい。

ジグモ
かなりみずみずしい。まさに蟹の味。美味い!卵を抱えており、ほぐれた卵がスクラブ状に口の中に広がる。大顎が鋭いので、除去してから食べた。土中に巣を作って生活しているので、土臭さを心配したが全く臭みもない。

ジグモ卵
蜘蛛の糸の卵鞘がつよく、プチプチ感が楽しめなかった。噛んだ卵鞘は羽化直後のセミのようにティッシュを噛んだような微妙な食感。表面処理をしていない節足動物のタンパク質ってこんなかんじなのだろうか。


タランチュラも以前イベントで食べたのですが、
まさに蟹の味。馴染みのある味なので、
初心者でもかなり食べやすいと思います。

世界ではカンボジアでよく食べられています。
山盛りのタランチュラを炭火に入れ、表面の毛を焼ききって
むしゃむしゃ食べる様子がとても羨ましいですが。

ここまで普及したのは
食料問題解決のため国が奨励してタランチュラを養殖した、
なんて話もちらっと聞きましたが、
真偽が定かで無いので引き続き調査していきたいと思います。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブランドコピー
"ネット上でたくさんコピールイヴィトンの財布に関してあって、1つのコピールイヴィトンの財布が欲しいが、しかし必ず買わないでくださいに注意してかばんでなければならなくて、コピールイヴィトンの財布の価格は受けることができるのですが、しかし私達もむだになくしてしまうことはできません。
ルイヴィトンスーパーコピーブランドバッグのルイヴィトンブランドコピー商品販売きっと最高品質ルイヴィトン偽物バッグ(N級品)のルイヴィトンスーパーコピーブランド,ルイヴィトン韓国スーパーコピー,ルイヴィトンマルチカラーバッグは提供いたします。
その上、必ず注意しなければならないのは、コピールイヴィトンのずっと堅持したのは逸品と優良品質の特徴で、仕事は更に専門の職人の手作りから作ります。
だから時にはほぼ取引先のために専門的に注文して作らせたので、このような時の取引先は1年足らずの間のを待たなければなりません。
優雅に女性の魅力のロレックススーパーコピーレディースファッションの腕時計に富を極めて18Kバラの金と精密な鋼の色を互いによく合って、人に反抗
ブランドコピー URL 2018/01/08(Mon)14:33:50 編集
Mushi_Kurotowa
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
[08/17 バレンシアガ コピー]
[08/13 kobe 11]
[08/05 スーパーコピーブランド]
[08/05 スーパーコピーブランド]
[08/04 ブランドコピー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Mushikurotowa 
性別:
男性
趣味:
昆虫料理開発
自己紹介:
NPO法人食用昆虫科学研究会 理事長
このブログは以下に移動しました。http://mushi-sommelier.net

2008年「なぜ昆虫に食欲がわかないのか」研究を開始
食べたらおいしかったので「昆虫食で世界を救う方法とは」に変更。
昆虫の味の記載から、昆虫の特性を活かしたレシピの開発、イベント出展、昆虫食アート展覧会「昆虫食展」まで、
様々な分野の専門家との協力により、新しい食文化としての昆虫食再興を目指す。

2015年 神戸大学農学研究科博士後期課程単位取得退学
テーマは「昆虫バイオマスの農業利用へむけたトノサマバッタの生理生態学的解析」
2018年よりラオスでの昆虫食を含めた栄養改善プログラムに専門家として参加
バーコード
P R
カウンター
コガネモチ
忍者ブログ [PR]

material by: