忍者ブログ
このブログは以下に移動しました。旧記事も見ることができます http://mushi-sommelier.net
[163]  [162]  [161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

採集昆虫は季節モノなので、
採れ過ぎたものは一旦冷凍して保存しておきたいものです。

大抵のものは一年以上保存できるのですが
「冷凍セミ」はいまひとつ味が悪いことが経験的に知られていました。


写真はクマゼミCryptotympana facialis

今回は数人でセミを食べる機会があり、
今年の一ヶ月以内のセミと、去年のセミを
アブラゼミ幼虫・クマゼミ成虫で揚げて食べ比べました。

アブラゼミ幼虫・一年前
酸味が強くなり、酢酸系の不快なにおいと腹部から胸部まで広がった明確な苦味。
おいしくない。スが入ったように食感も悪く、挙げてもふわふわしない。

アブラゼミ幼虫・今年
香ばしく、苦味もなく、木の香りがよくフワ/サクっとした食感。とてもおいしい。


クマゼミ成虫・一年前
二度揚げしてもからっとせず、ジトッとした感じ。
腹部に強い苦味があり、舌に残ってしまう。

クマゼミ成虫・今年

二度揚げによって軽く・ザクザクと食べやすい食感に。香ばしさ軽い食感が
とても好ましい。苦味は全くなく、一気に食べられる。

今回は性別を統一して食べ比べなかったので
断定はできませんが、セミの冷凍劣化はかなり速く進むようです。

ファーブルのように「セミは不味かった」と断定する前に
調理・保存は大丈夫だったか、採集するステージは大丈夫か、
注意してみましょう。

「今年のセミは今年のうちに!」
http://www.youtube.com/watch?v=cyLogCll828



PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
虫を仮に保存食にするなら缶詰めとかレトルトとかになるんでしょうか
NONAME 2013/09/01(Sun)20:04:17 編集
Re:無題
ご質問ありがとうございます!
脂質の少ないバッタ類ですと乾燥させて粉末にすることで
長時間持たせることができます。
佃煮は伝統的な昆虫保存食の形ですね。
ハチノコは缶詰や瓶詰めもありますので、
この先レトルトもアリだと思います。
開封後一食あたりの量が多くなってしまいますが。
【2013/09/02 11:45】
無題
ほとんど他の食品と変わらない方法で保存できるんですね
回答ありがとうございます
NONAME 2013/09/02(Mon)16:14:08 編集
Re:無題
そうですね。昆虫は不飽和脂肪酸が多いので
冷凍の場合酸化が気になります。生魚やエビと同様に考えていただくと
しっくり来ると思います。
【2013/09/03 08:18】
無題
色んなところでセミ食レポートを見るたび気になっていたのですが…

セミの中身ってどんな感じなんですか??

肉が詰まってるんですか?だとすればどんな食感でしょうか?ささみみたいとか、胸肉みたい、とか
それとも空洞なのでしょうか?
或いは、液が固まって豆腐みたいな、もしくは生焼けのスポンジケーキみたいな食感だったり?

味的にはまったりしてるんでしょうか、すっぱかったりするんでしょうか?(笑)

虫色に興味はあるのですが、自分で食べる勇気がなかなかなくて…イメトレからはじめたいな、と(笑)
そういう具体的な表現が見られたら嬉しいデス

ソムリエへの道を読んで、無茶な願いをしてみました(笑)
NONAME 2013/09/03(Tue)21:48:43 編集
Re:無題
セミもやはり昆虫なので、胸部に運動器官、腹部に消化器官が集まっています。
そのため胸部は淡白な肉質で腹部は柔らかく消化管内容物も含まれています。
「カニ肉」と「カニ味噌(脳ではなく消化管だそうです)」といった感じでしょうか。
また、成虫は鼓室という共鳴器があるので主に腹部が空っぽです。

味はナッツっぽいですね。酸味はなく木の香りが強くあります。
幼虫の腹部は樹液が入っているので、土や木の香りが強すぎて好き嫌いが分かれることも
ありそうです。
新鮮なセミ幼虫を用意し腹部に穴を開け、
低温でじっくり揚げるとハズレがないです。味見レポートお待ちしています!
【2013/09/05 07:14】
Mushi_Kurotowa
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[01/19 バッグ,財布&小物専門店,]
[01/19 正規品と同等品質のコピー品]
[01/19 Miltonexire]
[01/19 正規品と同等品質のコピー品]
[01/19 スーパーコピー時計]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Mushikurotowa 
性別:
男性
趣味:
昆虫料理開発
自己紹介:
NPO法人食用昆虫科学研究会 理事長
このブログは以下に移動しました。http://mushi-sommelier.net

2008年「なぜ昆虫に食欲がわかないのか」研究を開始
食べたらおいしかったので「昆虫食で世界を救う方法とは」に変更。
昆虫の味の記載から、昆虫の特性を活かしたレシピの開発、イベント出展、昆虫食アート展覧会「昆虫食展」まで、
様々な分野の専門家との協力により、新しい食文化としての昆虫食再興を目指す。

2015年 神戸大学農学研究科博士後期課程単位取得退学
テーマは「昆虫バイオマスの農業利用へむけたトノサマバッタの生理生態学的解析」
2018年よりラオスでの昆虫食を含めた栄養改善プログラムに専門家として参加
バーコード
P R
カウンター
コガネモチ
忍者ブログ [PR]

material by: