忍者ブログ
このブログは以下に移動しました。旧記事も見ることができます http://mushi-sommelier.net
[14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [4]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カメムシは基本的に嫌いです。

あれは小学4年生頃。
田舎の学校に片道3.5kmの道のりを徒歩で通っていました。

その日は「自転車交通安全教室」で、
基本徒歩通学の小学生が
年に数回、自転車を「持ってくる」日でした。

今思うと保険の関係でしょうか、
「決して乗ってきてはならない。かならず引いてきて、引いて帰ること」

とのキツイお達しがありました。

ですがそこは小学生。帰りは下り坂。
当然風を切って乗って帰りました。

風景が心地良いスピードで過ぎ去る中、
気持よく歌を歌いながらいつもの橋を渡りきろうとしたその時

口に何かが入ったのです。
口から鼻に抜ける強烈な匂い。

それはマルカメムシでした。

それ以来。私はカメムシの味がキライです。
カメムシ味のするパクチーも好んで食べられません。

そんな「カメムシ味への偏見」を打破してくれたのが

この
キバラヘリカメムシ Plinachtus bicoloripes


つくばのカメムシ研究者から頂きました。
生きているのを嗅ぐとほのかにさわやかな香り。
「青リンゴの香り」と形容されますが、

頂いたものはかすかな香りで、あまり匂いの実用化は期待せず、
とりあえず茹でていただきました。
口に含んだ時もほとんど味がしません。

!!!

噛んだ瞬間強烈に爽快な青リンゴの香りとミント系の刺激が
脳天を突き抜けました。 深夜1時にもかかわらず声を上がる。

これはすごい!!

これによく似たカメムシがタイのマーケットでも売られています。
生きた状態で、竹筒羊羹のような感じで細い青竹に10匹入れられて
10バーツ。
一食屋台で食べるのと同程度の値段なので、
嗜好品としてはかなり高級。
食べた人によると「強烈なミントの味。おいしかった。」とのこと。

このニオイはおそらく有機化合物なので
死んでしばらく経つと消えてしまうのだろう。

どうにか保存する方法はないか
この匂いをいつでも楽しめる方法はないか。

ということで

「カメムシジンジャーウォッカ」



キバラヘリカメムシをウォッカ375ml に対して20匹入れ、
ショウガを一欠片入れ、一週間ほどで完成。

ショウガを入れるようになったのは
昨年考案したタガメジンジャーウォッカからのフィードバック。
(タイワンタガメのフェロモン匂いについては別の項で。)

6月に作ってからいろいろなところに持って行っているが
かなり好評で、お酒に弱い人はグレープフルーツジュース
で割ると美味しいく飲めます。

ブルドックならぬ Stink Dog ? 

ぜひお試しください。










PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
カメムシウォッカの見た目が、毎年秋にカメムシ駆除に使う洗剤水入りペットボトルに酷似していて、衝撃受けてます。飲めるんですか?ちょっと怖いです。爽やかな味になっているんでしょうか?気になります。
モリコ 2016/04/27(Wed)12:51:46 編集
Mushi_Kurotowa
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/13 DHYmorge]
[11/12 Travissix]
[11/12 Davidgrera]
[11/06 スーパーコピー 時計 s級]
[11/06 スーパーコピーN級品バッグ財布時]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Mushikurotowa 
性別:
男性
趣味:
昆虫料理開発
自己紹介:
NPO法人食用昆虫科学研究会 理事長
このブログは以下に移動しました。http://mushi-sommelier.net

2008年「なぜ昆虫に食欲がわかないのか」研究を開始
食べたらおいしかったので「昆虫食で世界を救う方法とは」に変更。
昆虫の味の記載から、昆虫の特性を活かしたレシピの開発、イベント出展、昆虫食アート展覧会「昆虫食展」まで、
様々な分野の専門家との協力により、新しい食文化としての昆虫食再興を目指す。

2015年 神戸大学農学研究科博士後期課程単位取得退学
テーマは「昆虫バイオマスの農業利用へむけたトノサマバッタの生理生態学的解析」
2018年よりラオスでの昆虫食を含めた栄養改善プログラムに専門家として参加
バーコード
P R
カウンター
コガネモチ
忍者ブログ [PR]

material by: