忍者ブログ
[57]  [64]  [63]  [58]  [62]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりの更新です。
秋の虫イベントに参加し、
虫の縁で様々な人に出会いました。

秋といえば、「バッタ会」です。
バッタ会のガイドラインを書こうかと思ったのですが

日本の主なバッタをきちんと食べて記事にしたか再確認したところ、

トノサマバッタ
ショウリョウバッタ

コバネイナゴ
ツチイナゴ
クルマバッタ、クルマバッタモドキ

ヌケがありましたので、「バッタコンプリート」
と題し味見をしていきたいと思います。


まず
オンブバッタ Atractomorpha lata
身近な種。ショウリョウバッタと間違われやすいですが、ハネがはえている成虫時に4cmぐらいであればオンブバッタ。10cmを超えるような大きなものはショウリョウバッタです。



ショウリョウバッタモドキ Gonista bicolor

こちらもわかりにくい名前。形としてはオンブバッタの方がショウリョウバッタに似ていると思う。

ススキによくいる細くて柔らかいバッタ。



長さはショウリョウバッタモドキの方が長いが、
ボリューム感は同じぐらい。

味見
オンブバッタ
ショウリョウバッタと似たほろ苦さがある。外皮も固めであまりバッタ内ではおいしくない。揚げれば美味しくいただけるのでご安心を。

ショウリョウバッタモドキ
ショウリョウバッタよりもやわらかく、食べやすい、草の香りが強く残っており、味の面ではショウリョウバッタとは似ていない。

味の面でもショウリョウバッタとオンブバッタの近似性がしめされたようです。

これにて

身近でたべごたえのあるバッタはコンプリートしたと思いますので、

秋のメインイベント。
「まだ間に合うバッタ会のガイドライン」を
この後、書こうかと思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Mushi_Kurotowa
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
最新コメント
[11/21 Virginia Williams]
[11/21 Best Apps for Android Mobile Phone]
[11/12 スーパーコピー]
[11/12 ブランド コピー]
[11/12 ブランド偽物]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Mushikurotowa 
性別:
男性
趣味:
昆虫料理開発
自己紹介:
人生迷走中 顔はクロトワ似「なぜ昆虫に食欲が湧かないのか」をテーマに研究開始。食べたら美味くて研究頓挫「昆虫を美味しく食べる調理法とは」に変更/食用昆虫科学研究会 Edible insect science meeting 昆虫料理研究会 趣味自転車;鯨食文化研究;法螺貝;トランペット;リコーダー;鯨歯彫刻
http://e-ism.jimdo.com
バーコード
P R
カウンター
コガネモチ
忍者ブログ [PR]

material by: