忍者ブログ
このブログは以下に移動しました。旧記事も見ることができます http://mushi-sommelier.net
[136]  [135]  [134]  [133]  [132]  [131]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124
近くの溜池のようなところに多く発生。網ですくいました。


マツモムシ Notonecta triguttata

幼少の頃田んぼにたまにいたので比較的親しみのある昆虫です。
その頃読んでいた図鑑に「口吻で刺されると非常に痛い」

と書いており、
同じカメムシ目の水生昆虫の中でもマツモムシだけ妙に
素手で触ることを怖がっていました。

オールのような後肢を使い、背面で泳ぐ
ステキな姿の昆虫です。薄い水色がきれいですね。

味見
臭みが全くなく、食べやすい。カメムシにありがちなスカスカ感もなく、うまみが感じられる。タガメのような特徴的な香りはかんじられないがほのかに藻類?の良い香り。

思いの外美味しかったので
他の水生昆虫にもチャレンジしてみたいですね。
タイコウチとかミズカマキリとか。。。。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Mushi_Kurotowa
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Mushikurotowa 
性別:
男性
趣味:
昆虫料理開発
自己紹介:
NPO法人食用昆虫科学研究会 理事長
このブログは以下に移動しました。http://mushi-sommelier.net

2008年「なぜ昆虫に食欲がわかないのか」研究を開始
食べたらおいしかったので「昆虫食で世界を救う方法とは」に変更。
昆虫の味の記載から、昆虫の特性を活かしたレシピの開発、イベント出展、昆虫食アート展覧会「昆虫食展」まで、
様々な分野の専門家との協力により、新しい食文化としての昆虫食再興を目指す。

2015年 神戸大学農学研究科博士後期課程単位取得退学
テーマは「昆虫バイオマスの農業利用へむけたトノサマバッタの生理生態学的解析」
2018年よりラオスでの昆虫食を含めた栄養改善プログラムに専門家として参加
バーコード
P R
カウンター
コガネモチ
忍者ブログ [PR]

material by: