忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美しく大きいヤママユガ科幼虫であるオナガミズアオの二回目。
前回終齢幼虫を味見したのですが、
今回は繭を作る寸前の前蛹を味見しました。



繭を作る際には体のグリーンがなくなり、茶色っぽくなります。(写真右)

ところが、
繭を作るとグリーンに戻っているのです。


繭の糸の色はこの種の場合茶色ですので
繭用の色素が体表に出てしまい、このような変色が起こったのでしょう。

繭作成前の前蛹
ジグザグの硬い構造・絹糸腺がつよく発達しており、かみ切れない。
繭を作ってから食べたほうが良さそう。味は栗とコーンの間のような味。ハンノキの香りは残っていない。茹でるとピンク色になって美味しそう。トゲは余り気にならない。アクセントとして逆に良いかもと思い始めた。

繭作成後の前蛹
小さくなってしまうものの、絹糸腺が退化し口に残らない。色もうすいグリーンからオレンジで
キレイ。

ヤママユガ科は絹糸腺がつよく発達することが知られており、
繭糸の吐出前に茹でてしまうと線維化してしまい、口に残ってしまいます。

終齢幼虫の時にも絹糸腺は見られるのですが、繊維状のタンパク質はなく、ゆでてもプリプリのままです。
ということで

ヤママユガ科の食べごろは「前蛹(繭形成後)」

といえるでしょう。
繭も利用可能になればとても有効な資源利用につながりそうです。


さて。
オナガミズアオのトゲの食感が何かに似ていると思ったんです。
むむ。なにか食べたことがあるなと。

これでした。

そうです。ウナギの小骨です。

今回はウナギ風に蒲焼にして食べてみました。
皮面は強火で一気にカリカリに(長くじっくり焼くと硬くなります。)
背開きにしてタレで頂く。大変美味しい精のつく食材といえそうです。

これからの昆虫食の可能性の一つとして、代用食が挙げられます。
パスタで有名な日清製粉・オーマイも、
米の代用品である粒状パスタの製造を始めたことからスタートしました。

オナガミズアオもハンノキという木本のバイオマスを
ヒトの食糧に適した形に変えるので、
環境負荷の高い、例えば魚粉を使った養殖肉食魚の代用になれば
それだけで多くの漁業資源が守られることでしょう。


最も守るべき食糧資源としてウナギが注目されています。

稚魚を漁獲せねばならず、養殖に1年以上かかり
魚粉も大量に使用し、廃棄物も多く出す。
稚魚(シラスウナギ)の漁獲を見れば一目瞭然。
1960年台には200トンあったのに今年は5トン。
もはや食べている場合ではありません。

味だけでいうと、ハチノコが最も近いでしょう。
味香り戦略研究所
の協力のもと、味覚センサーでハチノコのボイルとウナギの白焼きを
比較した所、見事に一致したのです(内山昭一 著 昆虫食入門より)

ところが、ハチノコはウナギと同様に
巣や女王蜂をとってきて半養殖するしかありません。
最高級とされるクロスズメバチは近年数が減っており
ウナギの代用品として使ってしまうと同様の悲劇が起こる可能性があります。

そこで、
養殖技術が確立していて成長が速く、植食性のオナガミズアオに
代用ができないか、と思い作ってみました。

食べてみると非常に美味しく、脂質の旨味がウナギを彷彿とさせます。
ウナギ保護の第一歩として、養殖昆虫による代用メニューを考えるのはいかがでしょうか。

幸いなことに、
ウナギの消費量がピークを迎える土用の丑の日は夏です。
加温しなくてもすくすくと昆虫が育つ絶好の昆虫食シーズン。

ぜひ(コマユバチに注意して)チャレンジしてみて下さい。











PR
再びエリサンです。
今片手間で養殖をしているのですが、
晩飯の魚介類的な位置のものが新鮮なまま手に入るってうれしいものですね。
しかも美味しくないシンジュの葉から採れるので喜びはひとしお。

メークインのようなポクポクした感じに仕上がって大変美味しかったです。
育てていたエリサンが前蛹になったので
タイ風のグリーンカレーを作りました。

エリサンについてはいろいろ書きたいことがあるので
おいおい長い記事を書くと思いますが、今回はこのへんで。

「形が残っていなければ食える」

昆虫料理未経験の方からよく言われるのですが
そういう時は

もし
「エビしんじょ」でしかエビが食べられ無くなったらつまらなくないですか?
と聞き返しています。

形をなくすれば昆虫食は普及する、というプロジェクト「Ento」というのも
ありましたが、

文化的なもの=食べ方や調理法を含めて昆虫食を再考していくならば
先ず形をなくす、というのはやや乱暴なアプローチかと思います。

ということで、比較画像
片方がよりおいしそうに感じられるならば、あなたがそれをたべる文化に属している、ということですね。
昆虫料理の開発をしているとよく言われます。

「すりつぶせば食える」

見た目が気に入らないために昆虫食ができない。すりつぶせばいいのに。

はたしてそうでしょうか。
「エビはグロいがえびしんじょなら食える」

という方を見たことがありません。

そもそも、昆虫の食感の魅力として外皮のパリパリ感があります。
腹部のプチッ感も魅力の一つです。そんな食感を犠牲にしてまで
見た目に拘る必要があるのでしょうか。それは豊かな昆虫食生活といえるでしょうか。

ともあれ、
グダグダ言っていないでやってみる ことが何よりも大事です。

幸い実験に使用したバッタを茹でて冷凍保存したものが豊富にありますので、
この機会に食べてみるのもいいとおもいまして。
正直に申しますと実験の度にバッタを冷凍保存しておりまして
冷凍したバッタが実験のジャマ
という本末転倒な事態に陥っておりまして、その解消といったことが
今回の主な理由だったりします。

さて

今回はバッタのハンバーグを作ります。
それはこのニュースのためです。

蚊100%のハンバーグ
湖で大発生したフサカを捕まえ、練って焼き、
じゃこ天のようなハンバーグを作るのです。

羨ましい。ぜひアフリカに行ったら食べるんだ、と心に決めておりました。

ところがどこからか声がしたのです
「蚊がなければバッタを食べればいいじゃない」

まずバッタを160度のオーブンで60分加熱します。
本来の香りを逃さないため、ビビって低温に設定しましたが、
180度ぐらいで香ばしく仕上げても良かったかもしれません。



次にフードプロセッサーで細かくします。


もうハンバーグのタネにしかみえませんね。

1/4量の豚挽肉、卵、牛乳、「挽肉だけでできるハンバーグの素」
を入れます。

そして焼きます。


全くハンバーグにしかみえません。

このハンバーグを美味しくいただくためには。。。。
アフリカ式というよりも日本の洋食がよさそうです。
以前食べた「つばめ風ハンブルグステーキ

が美味しかったのでできるだけ忠実に作ってみます。

そういえばツバメも昆虫食です。
むしろこちらのほうが本家ツバメ流ハンブルグステーキ
といえるかもしれません。

すみません言い過ぎました。すみません。

深夜のテンションはヒトを愚かにします。

さて

こんな感じに焼きあがりました。


包み焼にしました。ワクワク感が大事です。

ワクワク



うん。美味しそう。
見た目にも全く問題ありません。
挽肉に比べ、弾力がないので若干物足りないですが、
臭いも全く臭くなく かなりの量すんなり食べることができます。

ただ、
昆虫料理の紹介に使えないレベルであります。

写真を使って私は何を伝えたいのか
こんなものでは「つくレポ」と変わりません。

写真で昆虫料理を伝えたいという強い思いが
一部の方には不評な「形の分かる昆虫料理」になるということを

ご理解いただければと思います。


もう一つ分かったことがあります。

「ハンバーグは肉の味を反映した料理ではない」
バッタで作ってもまったくハンバーグの味がします。
我々がハンバーグ=肉だと思っている味。それは
玉ねぎとパン粉とスパイスの味だと思ってよいでしょう。
Mushi_Kurotowa
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[12/11 エルメス激安]
[12/09 ロレックスコピー時計]
[12/09 Virginia Williams]
[12/09 カルティエコピー]
[12/06 Virginia Williams]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Mushikurotowa 
性別:
男性
趣味:
昆虫料理開発
自己紹介:
人生迷走中 顔はクロトワ似「なぜ昆虫に食欲が湧かないのか」をテーマに研究開始。食べたら美味くて研究頓挫「昆虫を美味しく食べる調理法とは」に変更/食用昆虫科学研究会 Edible insect science meeting 昆虫料理研究会 趣味自転車;鯨食文化研究;法螺貝;トランペット;リコーダー;鯨歯彫刻
http://e-ism.jimdo.com
バーコード
P R
カウンター
コガネモチ
忍者ブログ [PR]

material by: