忍者ブログ
[5]  [301]  [300]  [299]  [298]  [297]  [296]  [295]  [294]  [293
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、
ゴジラが元素変換装置を使って作っているものは何でしょうか
「なんでも作れる」というものの、ゴジラは最後まで熱の放散の問題を抱えていました。
核融合でも核分裂でも、既存の元素を作った場合、質量欠損を伴うので、
多くのエネルギー放出が必要になります。
熱問題を悪化させないためには、使えるものは使ったほうが良いのです。

また、
核融合のためには、原子核同士の反発を抑えこむため、超高密度にしなければなりません。空気中から元素を取り入れ、圧縮するコンプレッサーのようなものもあったことでしょう。

まずは窒素
空気中から取り入れられる窒素を使って、高温高圧ハーバー・ボッシュ法さながらに
有機態窒素を作るのは朝飯前でしょう。わざわざ窒素は元素変換で作らなくてよさそうです。
水中の窒素分圧は低いので、海中にいた時は窒素も作っていたものと思われます。
空気の取り込み裝置は、そのまま空気中への排気装置としても使えるので便利です。

続いて水素
水中生活では不自由しなかったものが、陸上ではあっと言う間に不足します。
空気中の水蒸気は少ないので、空気から大量に集めるか、空気中の酸素と
重い原子の核分裂の時に出てきた陽子から水素を調達してきて作るとよいでしょう。

炭素
これは窒素に放射線をあてて炭素14を作ればいいかと思います。
逆にCN比が偏り、増えすぎる炭素を管理する必要があるかもしれません。

酸素
これも微妙ですね。海水中ならば水から作れます。
上陸後でも空気中から取り込む能力が高ければ作る必要はないと思います。

リン
DNAにはリンも含まれているので、DNAが読めたということは、ゴジラがリンを使っていることはあきらかです。これが作れるとなると、食料資源として非常に有望です。現在肥料用のリンは鉱石に頼っておりその一部は海鳥のフンの堆積物です。つまりゴジラのフンにはリン資源としての可能性が大いにあるのです。(ゴジラのフンとは何か、という問題は後で述べます。)


核分裂エネルギー源
これも放射性廃棄物を取り込んだとしても
あまりエネルギー調達には向かない状態でしょうから
濃縮と精製が必要になると思います。

アメリカはゴジラが食べた、と当初予想していますが
その後元素転換ができるという話になり、ゴジラが食べていたのかどうかは
はっきりしません。軽い元素を核融合して熱を取り出すよりも
重い元素を分裂させて熱を取り出したほうが投入エネルギーは小さくてすむはずなので
(それすら超越している可能性もありますが)放熱管理上は核分裂の方がいいかもしれません。

さて、
何らかの超技術による元素変換で
通常元素を作る場合は、核分裂にしても、核融合にしても
質量の欠損を伴います。つまり大量の熱が発散されるのです。
多くの物質は10000度にもなればプラズマ化し、元素として機能しませんから
元素変換をして、その元素を回収して生体内で使うには大量の熱放散が必要になります。

つまり「強力な冷却装置」がゴジラには常に必要とされたのです。

その冷媒として選ばれたのが、
第二形態までは海水であったと考えられます。

その後海水が100度前後で気化してしまうことから、
空気中への100度以上の排熱を行う第三形態へ
そしてビームの放出を行う第4形態へと戦略を変えていったのでしょう。

そして、
牧元教授は、ゴジラに何をしたのか。
おそらくは冒頭、極限環境微生物そのものか、そのゲノムの一部を
東京湾に眠るゴジラに打ち込んだのではないでしょうか。

海水ゴジラの体内生態系が、それにより大きく変わったのです。
今までゴジラは他の生物の感染を放射線で殺菌していましたが、
その一方で、
通常の生物が運用している免疫機能は捨て去ってしまったことでしょう。
そこで極限環境微生物のタンパク質は放射線をかいくぐり
ゴジラの細胞膜機能を奪います。

すると、代謝不全、特に熱発生の節約ができなくなり
海水が沸騰するほどの排熱のでてしまう「熱暴走状態」
になったと思われます。

慢性的な熱暴走状態を回避するため
その後短い期間で第4形態までのすさまじい形態変化と質量増加を伴いました。

それではゴジラの活動の生理的な制限要因について
時系列の順を追って見てみましょう。
基本的には「排熱の限界・もしくは妨害」による排熱戦略の変更で説明していきます。





 

第0形態 
完全水棲

大戸島にいた神話の生物か、はたまた突然変異か分かりませんが
ある一個体の大きな生物がいたようです。エラも持っています。
神話ってのは実績のある大きなフィクションなので
SFとの相性はよいですね。迷信ともとれるし、何かを示唆したり、隠すために
作られた、という解釈もできるので、信じることも無視することもできる。使い勝手が良いです。

アメリカが以前から監視していた巨大生物で

エラがあり、強固な骨格がある模様。
眼球は大きく、焦点は海水に特化していたので
深海生物のように見えます。

その後のボディプランは「巨大化」の一途です。

水の粘性を考えると、
エラの構造も、筋肉も巨大化したほうが効率は上がりますので
第0形態は大型化が最適戦略です。

おそらく、核分裂エネルギーを使いはじめると
かなりの熱を放出しますから、水温が低く安定しており、
深海の沸点の高い地域の方が、高温の水を放出できるので良い環境かと思います。

ではなぜ浅瀬にやってきたのか。
最初の形態変化は、おそらく脚でしょう。
非常に硬い外皮の構造と、重い元素を作ることから
次第に泥地の深海では浮くことはできないでしょうし、埋まってしまいます。
流体の水が廃熱に必要ですから、やむを得ず足場の良い浅瀬にやってきたのでしょう。

第一形態 アクアライン上の浅瀬までの予想図



わかりにくいとの声がありましたので、2016年8月29日、図を追加しました。
元素転換裝置は、ヒトの技術でいうところの、粒子加速器と衝突装置に近いものだと考えています。本当の構造は不明ですが、便宜的にその機能をもつということで予想図に入れています。


ココで、牧元教授による、極限環境微生物の投与が行われ、細胞膜の活動阻害が起こり
特に影響を受けやすい必須元素の転換か取り込みの不具合を起こすことで
要求される排熱量が増大したと考えられます。
システムが解明されていないので、感染症に対する反応がどうなるかはなかなか予想できません。

「私は好きにした 君たちも好きにしろ」と牧元教授が残したのは
ゴジラが死ぬかもしれない、活動停止するかもしれない、もしかしたら急激な形態変化をするかもしれない。
という大バクチだったと言えるでしょう。
その後の大災害を見ると、結果を見る前に命を断ったのも当然かも知れません。
まさに芹沢博士タイプといえます。

ゴジラはしゃーなしに
元素転換裝置のエラ系の排熱不良によって、
海水の水蒸気爆発という、アクアライン事故を引き起こしました。

エラ構造は気泡が入ると効率を下げてしまうことから、
気体による熱放出には適していないので、ゴジラは空気中に排熱先を求めました。
上陸です。


第二形態 通称蒲田くん 予想図





第二形態は河川から水を吸い込み、気化して水蒸気を勢い良く吹き出します。
水は蒸発すると体積は1700倍に膨張するので
その圧力も利用すれば、気化熱とあわせて速やかに排熱が可能になったのでしょう。
エラは水を水蒸気に変換させる裝置としては気体に最適化されておらず、おそらくアクアライン事故のダメージから出血してしまったと思われます。

多摩トンネルが崩壊したことから、既に浮力の恩恵は受けていなかったのでしょう。
生体機能に必要のない重い元素を減速材などに使うために体にまとっているでしょうから、
体重増加が深刻です。

気管系から水蒸気を噴き出しているので、変な甲高い声がでてしまっています。
これも排熱不良からくるものでしょう。音が出る、というのは気流の管理がいまひとつできていないといえそうです。

しかし蒲田くん、排熱に適した水を手放し、完全に陸上に上がってしまったのです。
空気の取り込みが上手でなかったためか、動きが止まってしまいます。


第三形態 通称品川くん 予想図 



そこで品川くんへの形態変化を実施します。
浮力を使えなくなったことから
脚部が強化され、体重移動に対応するよう、転倒に備えて尾部と腕部が強化されました。

何も吸収する様子はなかったので、品川くんは体重ではなく、体積を増加させ
全身に吸排気用のスリットを設けたのではないでしょうか。「体重が不明」と設定にあるのも、おそらく体重変化が第二形態と第三形態の間になかったので、情報の信頼度がないために公表していないのでは、と想像します。

これにより体の内部まで空気が入り込み、煙突効果を使って口から
熱噴流として放出します。先に吸収しておいた水も放熱用に使ったことでしょう。


品川くんは体の各部に見える赤色の部分がすべてスッカスカで
蟻塚のように空気を各部から取り入れ、温まった空気が
頭部と尾部から噴出する、煙突のような仕組みになったのではないでしょうか。


品川くんの内部には、いわゆる原子力の熱源を利用した原子力ジェットのような構造が
新たに作られたと思われます。
それによって空気を圧縮し、高速で打ち出すことで排熱を効率化したのではないでしょうか。


劇中、品川くんの上陸経路での放射線空間線量が上がったのも、排熱のための
原子力ジェットが機能したためと思われます。

水に比べて空気は放射線を吸収しにくいのと、粘性が低いので、
ジェット噴流によって、多くの熱を遠くまで放出できるようになったと思われます。

ですが、
これでもまだ体温を放出するには
足りなかった模様で、品川くんは突然海に帰ってしまいます。
品川くんのスリットに海水を入れることで、
水冷・空冷のハイブリッドとなったのでしょう。



第4形態 鎌倉再上陸 鎌倉さん予想図


この形態が劇中最後まで使われたことから
陸上への完全適応がなされたと思われます。
水は使っても使わなくても大丈夫になったのでしょう。

体重は92000トン。
大きく重くなったことで、より強力で、効率的な冷却系を搭載したと思われます。
理由は後で述べますが、高圧の液体・固体窒素を冷媒とした冷却システムを搭載したと
想像しました。

もちろん空気を取り入れ、そして暖められた空気を放出する
空冷も同時に行われています。

ゴジラの上空には暖められた空気が上昇気流になって
さぞ積乱雲が発生しやすかったことでしょう。
そういえば雨のシーンなかったですね。

さて
ここにきて、ゴジラの体温をさらに上昇させるイベントがおこります。
タバ作戦です。

自衛隊の総戦力を使って
ゴジラの足止めを画策しました。

攻撃によりゴジラの運動量が低下していることから、この作戦は
排熱を妨害するのに十分な効果があったものと思われます。
爆発による排煙で、空冷式の排熱や
必要な元素を空気中から取り入れることが阻害されたのかもしれません。

そして次に貫通型爆弾による米軍の空爆。

これにより熱源である胸部から体の各部に熱を拡散させる冷媒、
血液が大量に漏れる、というアクシデントが起こります。


これでは足りなくなった血液を、元素転換裝置で
作ろうにも、排熱ができずに反応が詰まってしまいます。

ここで、血液を作るにあたって新たな放熱方法を採用しました。
第4’形態としましょう。

いわゆる粒子ビームと呼ばれるものと思われます。
ゴジラから新元素が見つかったということは

核融合のためにおそらく粒子加速器のようなものを使っているでしょうから
そのうち、必要のない放射性元素をそのまま遠方に打ち出してしまうことで
閉鎖系の冷却機構や、体表面からの放熱の負担を下げたと思われます。
第4'形態 予想図 内閣総辞職ビーム



放出された粒子ビームはその高エネルギー故に空気中の原子をプラズマ化し、発光させます。
水中では莫大な水蒸気が発生してしまい、熱が近傍にとどまってしまうでしょうから
雷の通り道のように、プラズマ化した空気路は水中より放熱効率を上げたことでしょう。
同時に、品川くん時代に搭載したジェット機構により大量の空気を取り込み、そして不要な成分を口から噴出することで、その周囲に可燃ガスが燃焼して周囲のプラズマを保温した
「放射熱線」のようなものができ上がります。

すなわち「放射熱線は貧血時のゴジラのウンコ」だといえるでしょう。

ゴジラが上陸し、血液を失った結果「ビーム式放熱を行う」ことで最適化されたといえます。
粒子ビームは空気中よりも真空中でより進むので
ゴジラは将来的には真空中に放熱する宇宙怪獣になるやもしれません。

さて
タバ作戦と米軍機撃ち落としビーム放熱が終了すると、ゴジラは2週間の休眠状態に入ります。
 
ビームの射出にはかなりのエネルギーが必要なのと
低出力では単なる火炎になることから、多くのエネルギーを必要とし
かつ、一度火がつくとあまり細かな調節はできない模様です。

ビームの射出や核融合のための空気の圧縮の用途で、


強大なコンプレッサーが体内にあったと考えられます。
それを利用し、カーエアコンのように、圧縮機を利用した高圧の冷却系が使われていたと考えられます。おそらく冷媒は液化窒素か、液体固体の混合です。それは凍結時、中心温度が-196度であることから考察できます。
https://www.nmij.jp/~nmijclub/fluidp/docimgs/20100129_machida.pdf

ビーム射出後は利用可能な残存エネルギーが枯渇してしまい
コンプレッサーも停止してしまうので、
圧縮して熱を発していた様々な高圧ガスの圧力が下がり、放冷することで
ゴジラの体温が下がってしまうのでしょう。
血液循環を使って徐々に圧力を下げつつ、温度低下を抑えつつ空気中に放冷する穏やかな低代謝の二週間が続きます。



ヤシオリ作戦によって、血液凝固剤による血液の凝固や気管系の閉塞と
牧元教授の遺品である細胞膜の機能阻害とを同時に実施したことで、
今度は暴発・熱暴走ではなく高圧冷却系の密封が不具合を起こし、一気に圧力低下&吸熱凍結が起こったと思われます。その冷媒に窒素冷却系であった、と考えると、凍結ゴジラが-196度に低下したことが説明できます。

 

そう考えると、
体内の液体窒素がすべて常温常圧になって蒸発しまうと、ゴジラはもはや冷凍状態を維持できないので、
速やかに凍結維持システム、冷凍機のセットが必要です。ゴジラをエネルギー源とする冷凍機ができればよいのですが。
外部から電力を持ってくる場合は、
東京のヒートアイランド現象が加速しそうです。
東京の電力需要は、夏のゴジラ冷却が最優先されるでしょうから、計画停電も頻繁に起こりそうです

さて、話は少し戻りまして、
通常休眠中のゴジラは、新たな特徴を有していました。
近づく飛行物体はすべて撃ち落とす、という自動迎撃システムです。

B2爆撃の経験をもとにその迎撃範囲が設定されたものと思われます。
レーダーのような、長波長の監視システムを採用することで
短波長ガンマ線まみれの環境においてノイズを避けているのでしょう。

ゴジラが無線を使えるようになった、というのは実はすごい進歩です。
神経細胞は再分化が難しい細胞なので、放射線のダメージに応じていちいち更新することはめんどうです。神経という有線でタイムラグのある情報伝達手段は廃棄され
すべての細胞が無線で情報交換をしながら、形態変化の戦略を統合していたと思われます。
細胞膜の電位変化を引き起こすためのタイムラグが事実上なくなるので、巨大化にももってこいですし、中枢を頭部や中心部に集中させる必要もありません。


ここまで想像すると、
最後に尻尾の先から「ヒトのような上半身」が大量に浮き出ていたことも
理解できます。

「群体化」するのです。

ゴジラはレーダーのように無線通信するシステムと
粒子ビームによって余計な放射性廃棄物を射出するシステムを持っていました。

ところが、巨大な体躯は体積あたりの表面積が小さくなってしまい、
放熱にとってあまりいいものではありませんので
海水による冷却から空気の大量取り込みによる冷却、液体窒素による冷却まで
戦略を変更してきましたが、いずれも脆弱性をかかえていました。

そのため、ゴジラは空気を吸入し排出する気管系が発達していたでしょうし
口から入った血液凝固剤が血中に到達するような、物理的にはザルのようなシステムをもっていました。

その欠点を克服すべく、気管系を体内に設けるのではなく、個体を群体として分離・小型化し、
体積あたりの表面積を最大化し、いわゆる「小型ファンレスPC」のように
直接体表面から放熱できるように形態変化していくものと思われます。

エネルギーは無限ですから、
当然飛翔もできるでしょうし、そのほうが電波の通信も良好になります。
一個体ではさほど強くなくても、集団になれば敵を取り囲んで熱殺もできるでしょう。

元素が不足した場合は群体同士が共食いして小さいコロニーになればいいのです。
巨体を維持するために無理して元素を作る必要はありません。

そして歯の存在。もう気づいてしまいました。
苦労して排熱して元素を作る必要なんかない。
元素はそこにあるじゃないか
と。

近い組成の陸上生物、ヒトを食うために、適切なサイズになろうとしているのです。
そして歯の構造がヒトにそっくりです。元素変換のできるけど攻撃以外には使わない

従属栄養動物として再デビューするのではないでしょうか。

つまり

「無線を備えた情報伝達タイムラグのない社会性のそこそこ巨大なアリ・ハチ」
のようなものが誕生するのです。

これはヒトにとって大変に脅威です。

ゴジラが放熱効率を上げるならば、より小さいほうが効率的です。
小さいほど、大きな動物を殺して食べることが困難になりますので
捕食対象に合わせた大きさがよいでしょう。

代謝に余った重い元素を含む放射性廃棄物は熱を出すので
ウンコとして排出するのがよいでしょう。
粒子ビームにすると放熱が大変なので、針を備えてヒトの体内に注入すれば致死率も抜群です。

ようやく見えてきました
シン・ゴジラとは

「針・ゴジラ」つまり有剣ハチ目への
さらなる形態変化を暗示していたのではないでしょうか。



後編は、私の新説 針・ゴジラについて考えてみましょう。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
Mアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
大変に興味深い考察で、楽しく読ませていただきました。「シンゴジラ=フクイチのメタファー」という文章は良く目にしますが、ここまで深く踏み込んだ仮説は初めてです。

死さえ克服した完全生物も、裏を返せば日々排熱問題の対応に追われる哀しい生き物であった....。生命の悲哀。なんとゴジラらしい(><)
じま 2016/08/20(Sat)12:36:14 編集
無題
最デビューではなくて再デビューではないですか
NONAME 2016/08/20(Sat)15:24:38 編集
Re:無題
ご指摘ありがとうございます!直しました。
>最デビューではなくて再デビューではないですか
【2016/08/20 19:36】
無題
「無線を備えた情報伝達タイムラグのない社会性のそこそこ巨大なアリ・ハチ」のようなものが誕生するのです。

デストロイヤーじゃねぇか!?
NONAME 2016/08/22(Mon)21:40:29 編集
無題
成程興味深い考察でした。
無線通信を行う針・ゴジラのブレイン(女王蟻)は何処になるんでしょうね。
NONAME 2016/08/29(Mon)09:59:37 編集
無題
『私は好きにした 君らも好きにしろ』だったと思います。細かいとこですが…
牧三郎 2016/09/01(Thu)20:56:15 編集
Mushi_Kurotowa
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
最新コメント
[12/11 エルメス激安]
[12/09 ロレックスコピー時計]
[12/09 Virginia Williams]
[12/09 カルティエコピー]
[12/06 Virginia Williams]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Mushikurotowa 
性別:
男性
趣味:
昆虫料理開発
自己紹介:
人生迷走中 顔はクロトワ似「なぜ昆虫に食欲が湧かないのか」をテーマに研究開始。食べたら美味くて研究頓挫「昆虫を美味しく食べる調理法とは」に変更/食用昆虫科学研究会 Edible insect science meeting 昆虫料理研究会 趣味自転車;鯨食文化研究;法螺貝;トランペット;リコーダー;鯨歯彫刻
http://e-ism.jimdo.com
バーコード
P R
カウンター
コガネモチ
忍者ブログ [PR]

material by: